アイスマン

こんにちは、蓬庵(よもぎあん)のワダです(^^)

先日、NHKスペシャル「完全解凍!アイスマン」

というのがやっていたそうです(^^)

アイスマンとは、1991年にアルプスで見つかった5千年前のミイラです。

氷漬けになっていたため、保存状態がびっくりするほどよかったそうです。


実はアイスマンは鍼灸とも関係がある可能性があるんです。


アイスマンは腰痛のすべり症で腰が悪く、

ツボ治療を受けていた可能性があるんです。


身体には無数の刺青がほどこされており、

そのいくつかが、現在のツボの位置とほぼ同じで、

なおかつ腰痛の治療によく使われるツボに刺青がみつかりました。

胃兪・三焦兪・腎兪・崑崙・陽輔・曲泉といったツボだそうです。

実際に蓬庵でも治療によく使うツボです。


ただ、これにはいろんな意見があります。

治療だという人もあれば、偶然だという人も、

真相はアイスマンにしかわかりません。


もしこれがツボ治療だとしたら大変なことなんです。

ツボは数千年前に古代中国で体型づけられたとされていますが、

それよりも古い時代に、

しかもヨーロッパが起源だということになります。

おもしろいですね♪


何かの呪術的な刺青なのか、治療なのか、

それともツボを示すために残したのか、

私も興味津々です。


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義
スポンサーサイト

よもぎタバコ

こんにちは(^^)

隠れ家のような高野口町の古民家治療院、

蓬庵(よもぎあん)のワダです。

以前からよもぎ100%のタバコが海外で販売されていることは知っていたのですが、

知らない間に日本でも販売されたり、購入の支援サイトができていました(^^;)

よもぎタバコ「健康草」

http://www.paquelet-editions.com/

http://www.yomogi-kenko.com/index.html

人体には無害で、禁煙、健康増進、美容に効果があるとのこと、

少しうたがってしまいますが、

韓国では医薬部外品に指定されているそうです。

たしかにニコチンのような依存性はないのかもしれませんが、

個人的には煙を吸うという行為が体に良いようには思えません(^^;)


中国での特許は「口腔ヨモギ灸」だそうだ(笑)


3カートンからの販売のようなので、

興味はありますがちょっと高いですね。


それに、わざわざ買わなくても、

日々の治療でよもぎ100%のもぐさをもくもくと燃やしているので、

仕事柄たくさんの煙を吸っていますしね(笑)


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

お灸検定

こんにちは(^^)

隠れ家のような古民家治療院、蓬庵(よもぎあん)のワダです。

今朝の新聞に、せんねん灸さんがこんな広告をだしています。

「はじめてのお灸検定」

jk.jpg

こういうお灸を盛り上げるような広告はうれしいですね♪

ご存じの方も多いかもしれませんが、

お灸はよもぎの葉っぱから作られ、古代中国から伝わったとされています。


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

合格発表

こんにちは(^^)

隠れ家のような高野口の古民家治療院、

蓬庵(よもぎあん)のワダです。

R0013142.jpg

落ち着いた和室の待合室が自慢です♪

今日3月27日は、はり師、きゅう師の国家試験の合格発表でした。

最近は便利になりインターネットで合格を調べることができます。

公益財団法人東洋療法研修試験財団
http://www.ahaki.or.jp/

大阪会場だけでも1500人以上が受験をしていますね。

後輩や勉強会で知り合った学生さんの多くが無事に合格したようです。

鍼灸師の仲間が増えたことは嬉しいのもありますし、

ライバルが増えて緊張感もあります。


「就職率100%!」

そんなうたい文句でいまだに専門学校は宣伝をしています。

卒業して、5年後、10年後、

どれだけの人が鍼灸を続けているのかというと、

残っているのはごくわずかという厳しい世界です。


自分たちも春から5年目に入ってきます。

すでにやめて別の仕事をしている人、

雇われで院長や副院長をまかされている人、

整骨院でマッサージや整体をしている人、

新たに進学をする人、

治療院を開業をする人、

結婚して主婦になった人、

連絡がなく消息が不明の人、

5年目でちょっとした分かれ目に入ってきたようです。


みんなそれぞれの人生を歩んでいます。

鍼灸の資格をとったからといって、

必ずしも鍼灸で食べていく必要はないだろうし、

他の仕事の方が安定したお給料も頂けるでしょうしね(笑)


残ってきているのは本当に鍼灸やこの仕事が好きな人ばかりになってきました。

きっと好きでないとやっていけない仕事なんでしょうね。

大変ですが、蓬庵もよりよい治療院になるように、

後輩たちに負けないように努力していきたいと思います(^^)


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

日本の食生活と給食

こんにちは(^^)

そば屋か和菓子やのような名前の怪しい鍼灸治療院、

蓬庵(よもぎあん)のワダです(笑)

悲しいことに「蓬庵」で検索するとそば屋さんの方が先にヒットします(^^;)

私の努力不足ですね。

さてさて、この本は以前にも紹介したかもしれません。

変な給食変な給食
(2009/12/05)
幕内 秀夫

商品詳細を見る


蓬庵が推奨する食事である幕内秀夫先生の本です。

いまは患者さんに貸し出し中で、蓬庵にはありません。

近所のかつらぎ町ではようやく給食がはじまったようです。

私は幼稚園から中学校まで、

小学校に併設された同じ給食センターの給食でした。


当時は給食の時間をワクワクしてまっていましたが、

今は食事の内容からみると、

ちょっと、「う~ん。」という声が漏れてしまいます(^^;)


かつては、ごはん、みそ汁、野菜、魚、漬け物といった

日本食を食べていた日本人ですが、

戦後、GHQの政策によってすっかり食事が変わってしまいました。

世界中には敗戦した国はたくさんあります。

それでも、食生活が大きく変化した国は日本ぐらいだそうです。

戦後の栄養失調や食糧不足があり、

欧米の栄養学に基づいたため、

日本でも、肉、小麦、乳製品などよく食べられるようになりました。

その陰には、小麦や肉を輸出してビジネスにしたい米国の思惑もあったようです。


ただ、現代になって問われているのは、

それが本当に日本人の体質にあっているのかどうかということです。

DNAはそう簡単に書き換えられるものではありません。

肉や小麦を食べ始めたはつい最近のことです。


たとえば日本人には乳製品を充分に消化吸収することができません。

そのため、体質にあわないために下痢になります。

カルシウムも飲んだからといって吸収されずに排出されます。

ただ、乳児のころはミルクを吸収する酵素をもっています。

逆にブルガリア人は長年にわたって乳製品を主食としているので、

消化吸収できるように体が進化しています。

本当は日本人あっている発酵食品はチーズやヨーグルトじゃなくて、

お味噌なんですね。

だから給食に牛乳をだすぐらいなら、

おみそ汁をだしたほうがよっぽど健康には良いんです。

ダシをとればカルシウムも含まれます。


牛乳で骨太の元気になるような気がするのは、

テレビなどのメディアによるイメージでしかないんです。

興味がある方は「牛乳、体に悪い」などで調べてみて下さい。

書籍も多数出版されており、厚労省も黙認している情報がでてきます。


給食は子どもが喜んで食べてくれ、

コストが安くて、定められたカロリーや栄養をみたせばOK、

だから炭水化物だらけや、

ファーストフードやお菓子のような献立になります。

たしかに、お母さんは助かりますが、

それが本当に体によいのかどうかと考えると複雑です。


今は食物アレルギーの子どもも多く、

学校給食も非常に難しい問題をかかえています。

○○が食べられない、牛乳が飲めない、

必ずクラスに数人はいると聞きます。

たまに○○にアレルギーがあるので食べられないという子がいたけど、

私の同級生には牛乳が飲めない子はいなかったし、

そんなにたくさんもアレルギーの子はいなかったです。

最近はすぐにアレルギーの検査をするようなので、

ちょっと過剰な気がします。

どうしてアレルギーの子どもがこんなに増えてしまったんでしょうね。

小児はりのお子さんにも、

小麦、卵、エビ・カニのアレルギーお子さんがいてます。

どれも昔の日本人が口にしなかったものばかりですよね。

食生活の変化もアレルギーに大きく関係しているように思います。

もともと日本人が食べて育ってきたものではないんですから、

ある意味、アレルギーはでての仕方のないのかもしれませんね。


そういう意味では、給食も欧米の数字だけの栄養学ではなくて、

日本人にあったDNAに記憶されている給食が理想なんだと思います。


日本には腐らすほどお米もあまっているのに、

いまだにご飯が主食の給食は少ないです。

お金がかかるものを作らなくても、

ご飯、おみそ汁、野菜、おつけもの、お茶でいいんだけど、

最近は贅沢だから、子どもは嫌がるかもしれないですね。

昭和初期の子どもたちなら「ご馳走だ!」と喜んで食べたでしょう。

くるってしまってるのは現代の自分たちの感覚なんです。

現在の日本の食事文化なんて、ほんの数十年の文化なんですから。


保健師さんも、

乳幼児にお肉などのタンパク質もあげたほうが大きくなるよと指導してくれます。

たしかに横には大きくなり体重は増えるでしょう。

でもそれが日本人とって健康児といえる状態なのかは疑問です。

日本人はもともと背はあまりたくないものの、

骨太でしっかりした体型の民族です。

頭や顎が小さく、背だけが高くひょろっとしたモデル体型は、

東洋医学的には腎虚(じんきょ)といって、

先天的に虚弱型の体型といえます。


学校でならう栄養学は必ずしも日本人にはあっていない数字だけの世界です。

食事には歴史や文化や環境や思想なども関係しています。

数字だけの栄養学にはそういったことが欠落しています。


ごめんなさい。

なんだか愚痴みたいなのが長くなってしまいました(^^;)


でもちょっと考えてみてください。

日本人は元来、農耕民族でした。

お米、味噌、季節に応じたお野菜で生活をしてきたんです。

子どもの頃にお肉を食べいなくても、

おじーちゃん、おばーちゃんは、

元気に70才、80才になっていると思います。

蓬庵の食養生は簡単にいうと、

マクロビみたいな極端な食事療法は必要ない!

主食のご飯をしっかり食べよう、

野菜をおみそ汁にたっぷりいれて食べよう、

だけど腹は七~八分目です(笑)


それだけでも、消化器系の病の方はびっくりするほど元気になりますし、

子どもも風邪やアレルギーがなくなったと多くの方が報告してくれています。

「おかげさまで元気だから先生のとこに治療に行く必要がないわ(笑)」

「先生、食事指導してたら治療の時間もかかるし、患者さんが治るから儲からないよ。」

と言われます。

でも、ちゃんと実践できる人はごくわずかなんですけどね。


長くなりましたが、そのあたりも意識して食事をしていきたいですね(^^)


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

tag : 食養生

第29回 高野山参詣登山

こんにちは、蓬庵(よもぎあん)のワダです(^^)

今年の高野山参詣登山はいつだろうと、

昨日の帰りにふとおもったのですが、

虫の知らせだったのか帰ってみると今年の案内が届いていました♪

第29回 高野山参詣登山

「世界遺産・史跡 高野山町石道180町」

 九度山の慈尊院から高野山へと続く世界遺産「高野山町石道」は弘法大師が開山以来、信仰の道として多くの人々が行き来した道です。あなたも風薫る、新緑の季節に約20kmの道程に建てられた180町の町石卒塔婆をたどってみませんか。

・ 日時  平成25年5月26日(日)午前8時00分~9時30分(小雨決行)

・集合場所 九度山町コミュニティ消防センター(南海高野線九度山駅から徒歩15分)

・ 行程  慈尊院→六本杉→二つ鳥居→矢立→大門→壇上伽藍まで約20kmの登り坂(健脚向け)
       お疲れになった方のために、午後1時より矢立(スタートから約13km)発で
       ゴールまで無料バスを運行します。

・ 参加費  500円(当日、受付で徴収します。)

・ 申込  当日、集合場所にて申し込みを行なって下さい。
        ※今年は事前申込受付はいたしません。
 
注意事項
・食事の提供はありません。
・集合場所までの交通費、下山にかかる交通費等は自己負担となります。


参加費500円で、傷害保険、お大師様ストラップや護摩木がもらえ、

遍照尊院での入浴、根本大塔、金堂、霊宝館、金剛峰寺の無料拝観できます。

非常にお得になっています。

遍照尊院のお風呂も、お寺のお風呂とは思えないほど立派な大浴場です。

拝観も通常なら全部回ると500円を超えるのでお得です。

ただ、拝観するだけの元気がない可能性がたかいですが(^^;)


私もとくに予定がなければ参加予定です。

小学生の高学年以上なら十分に歩ける距離ですし、

中継地点でバスの送迎もあるので十分に楽しめると思います。

昨年は8時すぎからあるきはじめて、13時には到着していました。

ぜひみなさんも一緒に高野山を目指ししょう♪


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

tag : 高野山

春休み♪小児はり灸でリフレッシュ(^^)

こんにちはヾ(=^▽^=)ノ

和歌山県橋本市で小児はり灸(きゅう)の実績ナンバーワンを目指している

蓬庵(よもぎあん)庵主のワダです♪

蓬庵では、和歌山県橋本市の全域、

岩出市、紀の川市、九度山町、かつらぎ町、

奈良県五條市、桜井市、などから小児はり灸にきて頂いています(^^)

今日は小学校の終了式だったところも多かったようですね。

通知表の結果はいかがだったでしょうか?


小児はり灸は、乳幼児の夜泣きや癇癪(かんしゃく)だけでなく、

小学生の夜尿症、落ち着きがない、集中力がない、イライラ、キレやすいなど、

体の不調や不快感からくるものに関しては改善が期待できます。

最近の子どもたちは、運動不足、多忙な習い事、

生活や食事の乱れ、学校や家庭でのストレスから、

肩こりや、自律神経の緊張が強いお子さんがたくさんおられます。

小児はり灸は、自律神経の乱れをととのえ、

心身ともに健康な状態へと手助けする治療です。

春休みから新学期にむけて治療を開始しませんか(^^)?

首や肩の緊張を緩和することで、

集中力がアップするので、勉強の効率もあがります。

蓬庵では受験生にも治療を推奨しています。

蓬庵までお気軽にご相談ください。

蓬庵の小児はり紹介動画(後半に庵主もちょろっとでています♪)
http://youtu.be/nx3B_TBxwwY

小児はりですくすく育て♪(蓬庵オフシャル小児はりサイト)
http://yomogian.pupu.jp/syounihari/index.html

サイトでは小児はりをされている先生の情報やホームページのリンクも募集しています。

お気軽にお問い合わせください。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

tag : 小児はり

「春分」

こんにちは(^^)

季節を意識した治療を実践している鍼灸院、蓬庵(よもぎあん)のワダです。

昨日に書こうと思いつつ、今日になってしまいましたが、

昨日は二十四節季の1つである春分でしたね♪

春分の日は秋分の日と同じように太陽は真東から昇って真西に沈みます。

ちょうど陰(夜)と陽(昼)のバランスがとれている日ともいえます。

「昼夜の時間が同じ」だと言われますが、

実際は昼の方が少し長いそうです(^^)


春分の日を中日に前後3日を含めた7日間が春のお彼岸です。

「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるように、

これからだんだんと過ごしやすい気候なっていきます。


自然界の陽気が活発となる分、いろんな症状もでやすくなります。

花粉症の方にとっては、非常に過ごしにくい期間ですね(^^;)

鼻炎、目の痒み、くしゃみ、頭痛、のぼせ、吐き気など、

体の上部の症状がでやすくなるのも春の特徴ともいえます。

mixi_20130321214820.jpg

今までに何度か登場している図ですね♪


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

tag : 二十四節季 春分 季節

「裕福」台湾料理・橋本市高野口町

こんにちは(^^)

隠れ家のような東洋医学の治療院、蓬庵(よもぎあん)のワダです。

昨日は春分の日で祝日でしたが、平常通りに鍼療しました♪

夜に大学からの相棒の先生と先輩が蓬庵に遊びに来てくれました(^^)

ここ最近、高野口で話題になっている、

新しくできた台湾料理屋の裕福さんに行ってきましたよ。

蓬庵からも徒歩5分ほどです。

噂には聞いていましたが、

ボリューム満点で、美味しかったです。

単品で若鶏の唐揚げをたのみましたが、

大皿にボン!ボン!ボン!と

通常の唐揚げの2~3個分はあるような大きなやつが6個も(^^;)

すでに満腹気味だったので、食べるのが大変でした。

定食も非常に量が多そうで、

隣の席にいたファミリーも量の多さにビビっていました(笑)

いくつか台湾○○というメニューがありましたが、

どうも台湾○○には鷹の爪が入っていてピリ辛仕様になっていました。

スタッフも台湾?中国?の方なのかぎこちない日本語で、

厨房では中国語が飛び交っていました。

美味しくて量も多いので、

家族連れやちょっとした飲み会にはピッタリです。

ぜひまた行ってみてくださいね♪

裕福 台湾美食

jj.jpg

TEL0736-42ー5285
和歌山県橋本市高野口町名古曽945-4


食べただけで終わりではありません。

腹ごしらえしてからが本番!?

食べた後は蓬庵に戻って治療の練習会でした。

575289_431566103602767_1683938995_n.jpg

久々に私も治療を受けました。

ちょっと疲れ気味だったのですが先輩の治療をうけて復活しました。

R0013135.jpg

これは背中にお灸をしているところですね。


よりよい治療を提供するために、

ときおりこのように蓬庵で練習会などもしております(^^)


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

tag : 橋本市 高野口町 グルメ 練習会

FMはしもと

こんにちは、蓬庵(よもぎあん)のワダです(^^)

images_20130317194441.jpg

FMはしもと
http://www.816.fm/

まだまだHPは準備中のようですが、

4月に橋本市にコミュニティーFMが開局するようですね(^^)

どのような放送になるか楽しみです♪

密かに自分の番組を持ちたいと思っている庵主です(笑)

東洋医学の話、季節の話、食事の話、鍼灸の話、

そういったことを患者さん以外にも話す機会を作れればよいなと思っています。

コミュニティーFMですから、

そんなに敷居が高いわけではないでしょうし、

いずれそういった機会もあるかもしれないですね(^^)


■ お知らせ

3月20日は春分の日で祝日ですが、蓬庵は平常通り鍼療いたします。

午前はすでに予約が入っていますが、午後はまだ予約に余裕があります。

平日には仕事でこられない患者様もこの機会にぜひどうぞ♪


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義
鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
81位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数