忍者の武器!?|鍼灸治療所蓬庵(よもぎあん)

こんにちは、蓬庵(よもぎあん)のワダです(^^)

今朝は寒かったですね。

今日は勉強会だったので、日曜ですが茨木でした♪

お昼間はすごく良いお天気でしたね。

お出かけされた方もおおかったのではないでしょうか!?


先日の勉強会のときに、

珍しい鍼がいくつか販売されていたので買いました。

R0012762.jpg

どれも、忍者か必殺仕事人の武器のようにみえますね(笑)

上から火鍼(かしん・三稜)、鋒鍼(ほうしん)、てい鍼、

刺絡鍼(しらくしん・韮刃)、圓利鍼(えんりしん) です。

R0012766.jpg

結構、長くて太いですね(^^;)

長い鋒鍼(ほうしん)は、鍼尖が矛のように鋭利になっており、

頑固な痛みやしびれ、できものがあるときに手足末端のツボや局所に使う鍼で、

針先が鋭利なため刺すと出血を伴う場合があり、

そのやり方を、刺絡(しらく)といいます。

R0012768.jpg

圓利鍼(えんりしん)は、馬の尾のような形をしていて、

痛みやしびれの場合に深く刺入する鍼です。

少し形は違いますが、

刺すとこんな感じです(^^)

11126540_1583568264.jpg

ちなみに、わたしの腰です。

少し痛いですが、効果は大きいです。


今日は、普段の治療ではあまり見かけることのない、

特殊な鍼を紹介してみました♪


蓬庵では基本的に、髪の毛ぐらいの細い鍼を使っていますから、

ご安心ください(^^)


治療院に1本だけ長い鍼をおいていますが、

言うことを聞かない子どもに、

「小児はりが嫌なら仕方ないなぁ‥、今日はこれにしとくか。」

と見せると一気に大人しくなります(笑)

P1000158_20121125214803.jpg

長鍼(ちょうしん)や巨鍼(こしん)と言われる鍼です。

刺すとこんな感じです♪

またまたわたしの背中です。

11126540_3961104739.jpg

背中に置くとこんな感じ、

11126540_4275945060.jpg

刺入していきます。

11126540_1570515429.jpg

全部はいってしまいました(^^)

痛そうに見えますが、意外と気持ちがいいから不思議です♪

特殊な鍼なので、日本で治療に使っている先生は少ないので、

やって欲しいと言っても、できない先生の方が多いとはおもおいますが(^^;)

今回、購入した鍼は正和堂・販売部で購入できるので、

医師、鍼灸師で購入したい方は検索してみてください♪


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

初めての方は、もしよかったら蓬庵のホームページも覗いて下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ
● 庵主 和田智義
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
89位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数