『千と千尋の神隠し』|鍼灸治療所蓬庵(よもぎあん)

こんにちは、庵主のワダです(^.^)

今日は、鍼灸とはあまり関係のないお話なのですが、

知り合いの方と『千と千尋の神隠し』という、

ジブリ作品の話をしていたのだけど、

あの作品は、神様や魔女がでてきたりと、ちょっと不思議な世界に迷い込んでしまうお話です。

所々に仏教の言葉やニュアンスなども含まれていて興味深い作品です。

日本には八百万の神様がいて、

すべてのものに神様や魂が宿ると考えました。

お正月というのも、本来はその年の神様をお迎えする行事なんです。

最近は飾る家も少なくなりましたが、しめ縄飾りも、

その年の神様をお迎えするための準備です。

我が家では簡略しつつも、そういったことに祖父がうるさかったのもあって、

お正月には、神棚にしめ縄飾りと、おひねり(うちは小さなおかさねのお餅、みかん、くし柿、小豆餅)を用意します。

神棚の神様、井戸の神様(現在は井戸がないので台所の水道)、

かまど(火)の神様(コンロ・荒神さん)、トイレの神様に、

松竹梅、しめ縄、おひねりをお供えします。





最近は玄関にもお飾りをしない家が多いので、

うちのように、井戸、かまど、トイレの神様にまで飾りやお供えを用意する家は、

本当に少ないのかもしれないですね。

1年に1度ですが、身近に神様を感じることができます。

こういった日本の文化って、すごく大事な気がします。

お正月も、帰省や遊びに行くための長期休暇になってしまっていますが、

お正月に、井戸やかまどの神様に、感謝をしてみるのもよいものではないかと思います。

『千と千尋の神隠し』は、そんな日本の心を回帰さすような作品ですね。

最近では、電気もあるから電気の神様にも感謝しないといけませんね(笑)

問題になっている原発や核、皮肉にもプロトニウムという名前は、

神話の中の神様からとっているそうです。

人間が神の力を扱うには、まだまだ早かったのかもしれませんね。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ
● 庵主 和田智義
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
81位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数