インフルエンザにも漢方薬♪

こんにちは(^^)

和歌山県橋本市の東洋医学専門の鍼灸院、

蓬庵(よもぎあん)のワダです。

今日は勉強会で日曜ですが茨木でした♪

勉強会の中で、インフルエンザ(とくに高熱が出るA型)

の際の漢方薬の話がありました。

インフルエンザの薬と言えば、

タミフルにリレンザが有名ですが、

実は漢方薬でも治療ができます!

まだ、節々が痛く熱がではじめているころは麻黄湯(まおうとう)、

麻黄湯は体を温めて体温をあげ発汗をうながす薬です。

ウイルスは熱に弱いのでしっかり体温をあげます。

体が体温をあげようとするのを薬で助けてあげるので、

高熱はでますが、通常より早く熱をだしきることができます。

(葛根湯にも麻黄がはいってますが、葛根湯では少しパワーが弱いようです。)

麻黄湯で体温があがり高熱まで上がりきったら、

今度はウイルスを殺すのに高熱をだした体をクールダウンしてあげます。

そこで登場するのが、清熱剤といって熱を冷ます作用がある漢方薬の

銀翹散(ぎんぎょうさん)です。

同じような成分の薬に天津感冒片(てんしんかんぼうへん)という薬もあります。

銀翹散(ぎんぎょうさん)は熱が下がるまで服用します。

薬で発熱をうながし、熱が上がりきったら熱をさますのを補助してあげます。

一般的に熱はでたら悪いイメージがありますが、

ウイルスをやっつけるために高熱がでています。

よっぽど体力が無く発熱で命の危険がある場合を除き、

しっかり発熱して高熱をだすことが、

インフルエンザの有効な治療法なんです。

また、銀翹散(ぎんぎょうさん)に、

板藍根(ばんらんこん)という熱をさます作用の生薬を

一緒にブレンドして処方する漢方医の先生も多いようです。

銀翹散も板藍根は抗ウイルス剤に近い作用があると言われています。

ちなみに板藍根は免疫を高めるので、

インフルエンザの予防にも有効とされており、

新型のインフルエンザがはやったときには品薄となりました。

麻黄湯、銀翹散or天津感冒片は、

市販薬ででているので、

大きな薬局や漢方薬局で購入ができます(^^)

もしよかったら参考になさってください。


ただ、私は鍼灸師ですので、

薬の服用や処方についてどうこう言える立場ではありませんので、

服用の際は医師や薬剤師に相談するようにしてくださいね。


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね(^^)

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義
スポンサーサイト

tag : 天津感冒片 麻黄湯 銀翹散 インフルエンザ 傷寒論 温病

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
89位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数