夏至

今日は、二十四節気の1つである夏至(げし)ですね。

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、太陽年を日数(平気法)あるいは太陽の黄道上の視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を表す名称を付したものです。

「春」

立春 (りっしゅん)寒さも峠を越え、春の気配が感じられる
雨水 (うすい)  陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる
啓蟄 (けいちつ) 冬ごもりしていた地中の虫がはい出てくる
春分 (しゅんぶん)太陽が真東から昇って真西に沈み、昼夜がほぼ等しくなる
清明 (せいめい) すべてのものが生き生きとして、清らかに見える
穀雨 (こくう)  穀物をうるおす春雨が降る

「夏」

立夏 (りっか)  夏の気配が感じられる
小満 (しょうまん)すべてのものがしだいにのびて天地に満ち始める
芒種 (ぼうしゅ) 稲や麦などの(芒のある)穀物を植える
夏至 (げし)   昼の長さが最も長くなる
小暑 (しょうしょ)暑気に入り梅雨のあけるころ
大暑 (たいしょ) 夏の暑さがもっとも極まるころ

「秋」

立秋 (りっしゅう)秋の気配が感じられる
処暑 (しょしょ) 暑さがおさまるころ
白露 (はくろ)  しらつゆが草に宿る
秋分 (しゅうぶん)秋の彼岸の中日、昼夜がほぼ等しくなる
寒露 (かんろ)  秋が深まり野草に冷たい露がむすぶ
霜降 (そうこう) 霜が降りるころ

「冬」

立冬 (りっとう) 冬の気配が感じられる
小雪 (しょうせつ)寒くなって雨が雪になる
大雪 (たいせつ) 雪がいよいよ降りつもってくる
冬至 (とうじ)  昼が一年中で一番短くなる
小寒 (しょうかん)寒の入りで、寒気がましてくる
大寒 (だいかん) 冷気が極まって、最も寒さがつのる


uj.jpg

各気各候に応じた自然の特徴が記述されているので、農業をされている方や、古典などを重要視される鍼灸や漢方の先生は参考にします。

夏至とは、「日が長きこと至る(きわまる)」という意味で、昼の時間がもっとも長くなり、夜がもっとも短くなります。

東洋医学では、自然の動きを陰陽のバランスとして考えます。昼の明るいときが「陽」、夜の暗いときが「陰」となります。

ですので、夏至は「陽」の気がもっとも多くなり、「陰」の気がもっとも少なくなります。

人間や動物も天地の気の影響を受けており、自然界の一部ですので例外ではありません。結構、自分たちも知らず知らずの季節や気候の影響を受けているんです。

春から夏にかけて活動的になり、夏から冬にかけて非活動的になりますよね。

本来は、陽の気がもっとも活発になるときですので活発で元気になるのですが、冬や春にうまく養生ができていなければ、元気がでなかったり、うまく陽気をコントロールできないために、頭がぼーっとしたり、めまい、発熱などの症状がでてしまいます。

動物は自然界の気の動きに応じて行動します。

冬になれば活動が低くなり冬眠します。雨の日やすごく暑い日も静かに過ごします。

でも人間は、夏や冬、その日の天候にあわして、仕事をするかどうかを決めることはできませんよね。だから体に無理がかかって、体調に不具合がでてきてしまいます。

科学の発達で便利になった反面、自分たちの首をしめる結果になってしまっています。

そういう私も、夜は早く寝ないといけないと思いつつ、科学の恩恵にあやかって夜の遅くまでパソコンやテレビをみてしまっていますが(^^;)


鍼灸治療所蓬庵(よもぎあん)ホームページ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
81位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数