偏歪舌(へんわいぜつ)、歪斜舌(わいしゃぜつ)|脳血管障害などの前駆症状

こんにちは(^^)

隠れ家のような東洋医学の鍼灸院、蓬庵(よもぎあん)のワダです。

先日、このような患者さんがいました。

継続して治療されている患者さんですが、

話していると舌が横によっていく感じがして、

なんだかろれつがまわりにくい。

ろれつがまわりにくいのにもいろいろな理由がありますが、

お酒や精神薬なども飲んでいないのにろれつがまわらないというのは、

普通の治療家ならちょっとまずいなと、

脳血管障害などを疑うと思います。

東洋医学では脳血管障害を「中風(ちゅうふう)」といいます。

その所見のひとつに偏歪舌(へんわいぜつ)、

もしくは歪斜舌(わいしゃぜつ)というのがあります。

偏歪舌(へんわいぜつ)とは、

本来は、べーっと舌を出した時に真っ直ぐにだるのが正常ですが、

だしたときに左右どちらかに偏って出ることをいいます。

脳血管疾患などの前駆症状であったり、

後遺症であったりすることがあります。

※舌を出すときに力を入れすぎてどちらかに傾くのは別である。

その患者さんの舌を確認してみるとそのような所見はみられませんでした。

舌は非常に多くの経絡というルートが関係していたり、

いろんな臓腑が関係する場所ではあるのですが、

大きく関係するものに「心」という臓が関係するとされます。

「心は舌に開竅す。」「舌は心の苗。」などと古典に記されています。

実際に緊張すると舌がもつれて話せなかったりしますよね。

ときには心配事が多かったり、

飲食の不摂生で表裏する小腸から波及して心に影響すると、

※心は臓(陰)、小腸は腑(陽)でペアになっている。

口淡無味(こうたんむみ)といって味がしなくなることもあります。

その方は「心」を中心とした治療で、

帰る頃には会話もスムーズになっていました。

何か「心」に熱がこもるようなことがあったのでしょうね。

もしこのような偏歪舌の症状がある場合は、

脳血管障害などの前駆症状の場合もありますので、

一度、大きな病院で検査を受けた方がよいと思います。


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お電話にてご確認下さい。
スポンサーサイト

tag : 偏歪舌 歪斜舌 舌診 中風

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
81位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数