患者様の声|アトピー性皮膚炎|アトピー治療の鍼灸院|和歌山県橋本市

こんにちは(^^)

東洋医学専門の隠れ家鍼灸院、

蓬庵(よもぎあん)のワダです。

私がとても力を入れている症状のひとつに、

アトピー性皮膚炎があります。

蓬庵の患者さんは周知のこととおもいますが、

私も幼少の頃よりアトピーをもっております。

それも、この業界にすすんだ大きなきっかけの1つです。

ここ1年半ほどは、自分で鍼灸治療をしたりと、

ほとんど薬を使用することなく過ごしており、

体感は非常によくなっていますが、

まだ顔に症状が強く残っています。

疲れや天候、不摂生に影響されやすく、

患者さんにお見苦しい姿をみすることもあります。

ときには、

「先生、今日はしんどそうだね。大丈夫!?」

「先生がしんどくなると私が治療してもらえなくてこまるんだからね!」

なんて、逆に心配とお叱りを頂くこともあります(^^;)

またある患者さんは、「○○がいいらしいよ!」と、

アトピー治療に関する情報をくださったりもします。

ありがたいことに、患者さんに支えられながら蓬庵はやっています(^^)

アトピーの辛さやしんどさは他の鍼灸師の何倍もわかっているつもりです。

そのため、アトピーの治療には特別な思い入れがあります。

鍼灸治療でアトピーは完全に治るのか?

と聞かれると、返事は難しいです。

それは、よく本や広告には「体質改善!」なんて書いていますが、

そう簡単に生まれ持った体質なんて改善できるものではないからです。

それでも、鍼灸治療はアトピーに効果があるのか?

と聞かれると、効果があると即答できます。

アトピーの私が言うと説得力にかけますが(^^;)

完全に治すことは難しくても、

アトピーの症状を改善するように治療したり、

アトピーがありながらも、

悪化しやすい季節などに悪化しないように予防して、

日常を過ごしやすくしていくことは可能です。

アトピーの症状も多種多様です。

季節の影響も受けます。

春は顔にでやすかったり、

梅雨はジュクジュクしやすかったり、

夏は汗で痒みが強かったり、

秋や冬は乾燥がひどくなったり、

など季節でも治療は変わってきますし、

イライラなどのストレスでも悪くなりますし、

食べ過ぎやお酒などの不摂生でも悪くなります。

また、皮膚の状態はどうか?

ジュクジュクできしるがでるのか、

かくときしるよりも出血するのか、

皮膚が乾燥してるのか、

乾燥でも粉がふくようなかんじなのか、

ぽろぽろ皮がとれてしまうのか、

もしくはゾウの皮のようにゴワゴワしてるのか、

また炎症がでている部位はどこか?

実は炎症の場所によっても原因が違います。

東洋医学ではそれらのアトピーの症状の状態、

また日頃の生活などを分析して原因をつきとめて治療をしていきます。

いま、アトピー性皮膚炎の治療をされている患者さんがいます。

ご意見を頂きましたので掲載させて頂きます。

記入日:平成25年5月30日(継続治療中)
性別:女性
年齢:22歳
地域:橋本市
症状:アトピー性皮膚炎


・治療について

とても親身になって、話しを聴いて下さるので安心します。

庵主 ワダ

私もアトピーですので、ついつい自分のことのように話しを聞いてしまいます。

アトピーをもっている同士だから理解しあえることもたくさんありますね。

アトピーは鍼灸治療で改善していきますし、

うまく付き合っていく方法の1つです。

魔法ではないので一気に良くなるものではないですが、

お互いにアトピーが落ち着いた安定しした体の状態を目指して頑張りましょう!

まずは規則正し生活をすること、

早く寝ることを心がけていきましょう。

私も一緒に努力します(^^)


・蓬庵について

お香の香りがして、落ち着きます。

庵主 ワダ

患者さんがおられるときにお香たくことはあまりありませんが、

空き時間などに部屋の清浄を目的として使うことがあります。

香りによるリラックス作用やお香独自の効果も応用しており、

患者様の状態や症状にあわせて使用する場合もあります。

現在は4種類ほどを必要に応じて使い分けています。

興味があればお声をかけて下さい。

お香のサンプルも置いております。


・その他

アトピーは嫌なことですが、

先生に相談にのって頂くことで前向きになれます!

庵主 ワダ

アトピーは死ぬ病ではありませんが、

死にたくなるほど精神的に辛くなることもありますよね。

お風呂上がりに痒くなり気がつけば1時間ぐらい、

無意識にぼりぼりと掻いてしまうこともありますよね。

そう思ってしまうのはあなたでけではありません、

アトピーの患者さんみんなが経験します。

とくに年頃の女性であれば目につくところに炎症があれば、

すごく嫌なものだと思います。

ひどくなる→イライラ→余計に悪化(><)

早く負のスパイラルから脱出できるように、

私も全力で治療をさせていただきますね!

必ず良くなります。

頑張っていきましょう(^^)


(画像はクリックで大きくなります。)
R0013403.jpg

最後に薬についてですが、

あまりステロイドなどは使わないにこしたことはないですが、

極端なことはせずに、

ひどいときは使うなどうまく薬も利用することが大事だと思います。

個人的には、だんだん薬の効きが悪くなり

強くなってしまうというのはある気がします。

でたら塗る、でたら塗る、

医師は塗り足りないなんていうけど、

ちょっと違うかな。。。

塗り薬を使っているころは、

薬を塗らないと傷や皮膚の再生が非常に遅い、

使わなくなってからの方が、

かき傷を作っても傷の治りが早くなりましたし、

太陽にあたるとすぐに真っ赤になっていたのがなくなってきました。

ただ、顔は、

今から思うと結構たくさん薬を塗ってきました。

顔の炎症がとれるにはもう少し時間がかかりそうですが、

患者さんとともに、私も頑張っていきます(^^)


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話にてご確認下さい。
脱ステロイド、薬を使わずにアトピーを治したい人はぜひご来院、ご相談にお越し下さい。アトピー治療専門。和歌山県橋本市ののアトピー治療の経験豊富な治療院です♪
スポンサーサイト

tag : アトピー性皮膚炎 アトピー 鍼灸治療 橋本市 和歌山県 東洋医学

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1489位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
80位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数