症例♪|歯ぐきの腫れ|蓬庵の鍼灸治療(^^)

こんにちは(^^)

隠れ家のような東洋医学の鍼灸院、

蓬庵(よもぎあん)のワダです。

一昨日の夜、寝る頃になって、

滅多に治療してくれとは言わない父が、

左上の歯ぐきが夕方頃より腫れてが痛いという。

ちょうど近くに鍼があったので治療をしました。


歯ぐきの腫れは、東洋医学(中医学)では、

「胃」という臓と関係が深いとされ、

とくに出血、腫れ、痛みなどは、

胃に熱がこもっている状態の症状とされます。

胃熱、胃火、胃のうつ熱などといったりまします。


晩ご飯を食べた後からより痛くなったそうです。

当然、火事のおこっているところに油をそそぐことにより炎は大きくなります。

しかも晩ご飯はとんかつでした(^^;)


胃に関係する足の陽明胃経、手の陽明大腸経という、

2つのルートから、熱感と圧痛があるツボを選び、

熱がぬけるようなイメージをしながら鍼を刺しました。


①温溜(オンル)

熱感が一番強かったのですがあまり変化なく、症状は10→8

②曲池(きょくち)

本来の曲池よりやや下方に取穴、

症状は10→5

③内庭(ないてい)

症状は10→1~2 ほぼ痛みは改善しました。


最後に、お酒、お菓子、脂っこいものを

ひかえるように食事指導をして治療を終了しました。

治療時間は5分ほど(^^)


左右で圧痛を確認して反応が強い方のみに鍼をしました。

すべて腫れている左側のツボに強い反応がでていました。


胃に熱があるときに反応がでやすいツボに刺しただけなので、

あまり芸はありませんが、

歯ぐきが痛いときなどにも鍼灸治療は有効です♪

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。

■ 更新情報

患者様の声の掲載をはじめました。
蓬庵(よもぎあん)患者様の声

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話にてご確認下さい。
スポンサーサイト

tag : 症例 歯ぐきの腫れ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
81位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数