直島|瀬戸内国際芸術祭2013

こんにちは(^^)
伝統医学専門の隠れ家鍼灸院、
蓬庵(よもぎあん)のワダです。

先日、お盆休みを利用して
瀬戸内国際芸術祭をしている直島にいってきまいした。
小さい島ですが美術館が多く現代アートの島といわれています。
ずっと行きたい行きたいと思っていただけで、
とくに下調べをせずに気持ちだけで行ってしまったのですが、
お盆期間中ということもあり、いろいろ誤算がありました(^^;)

一番いきたいと思っていた地中美術館は大混雑、
チケットを購入すための整理券をもらったものの、
フェリーぎりぎりの時間になってしまうことがわかりました。
大混雑でバスに乗るだけでも一苦労、
残念ですが今回は見送ることにしました。

結局、鑑賞したのは、

*宮浦ギャラリー六区 
緑川洋一展 岡山出身の写真家
1940―50年代にかけて撮影したモノクロの作品
昔の石灰工場などの仕事についての写真が多かったです。

*007赤い刺青の男記念館
007の小説「赤い刺青の男」に直島が実名で登場しているとか。
007に詳しくないのでよくわかりませんでしたが、観覧が無料です♪

*ベネッセハウス ミュージアム
安藤忠雄の設計で2006年にオープン
素晴らしい現代アートの作品がたくさんありました。
直島に行かれたら必ず訪れた方がよいと思います。
宿泊施設もありますが、値段はかなりいいお値段でした(^^;)
美術館という現実離れした異空間に宿泊するというのがコンセプトなようです。
海も近くカップルでとまるには最適な空間です。

*李禹煥美術館
李禹煥の初となる個人美術館。
谷あいから海へとつながる地形を活かした
安藤忠雄の設計による建物が魅力な美術館です。

コンクリートの打ちっぱなしの無骨な空間、
シンプルな作品が多かったですが、
それがまたなんとも不思議な空間で魅了されました。
作品と空間のコラボ、本当にすごいです。

naosima

直島

*直島銭湯「I♥湯」
実際に入浴できる美術施設です。
日本各地から様々なオブジェが集められています。
浴室には秘宝館から持ちこまれたらしい象、
外見がごちゃごちゃしていてとにかくすごい、
内装もいたるところにアートがほどこされています。

地中美術館をあきらめ、
炎天下の中を30分歩いて港まで戻り、
意気消沈してる「心」と「体」を癒してくれました。
この銭湯に出会っていなければ、
今回の旅の記憶は最悪のものとなっていたかもしれません(^^;)

R0013784.jpg

外見がとにかくインパクトがあります。
うつってるオッチャンは銭湯の人、
中にはおばちゃんが番台に座ってはります。

R0013785.jpg

R0013779.jpg

R0013788.jpg

脱衣室もおしゃれです。

R0013792.jpg

なぜか像がいます(笑)
隣の女湯の声が聞こえてくるのも、
昔ながらの銭湯ならでわですね。

R0013791.jpg

貸切だったので撮ってしまいました。
あとからわかったのですが、
撮影は禁止だったようです(^^;)

直島銭湯

直島銭湯タオル(^^)

今回は地中美術館に行けなかったので、
また直島にリベンジをしたいとおもってます。
坂道が多いので少し大変ですが、
効率よく島をめぐるにはレンタサイクルがよいようです。
原付バイクのレンタルもありますが、
乗り入れの禁止の区域もあるので、
自転車がよさそうですね。

調べてみると安価で泊まれる
ペンションや民宿もたくさんあるようです。
グループなどの場合はペンションもよいかもしれませんね。

ぜひこれから行かれる方はちゃんと公式ガイドブックで
計画をたてて挑んだ方がよさそうです。

また私もリベンジします(^^)

2013081416220000.jpg

岡山駅での新幹線の待ち時間に、
山本二三展も見にいきました。
これもすごく楽しめました。
背景画が中心でしたが、
もののけ姫、ラピュタ、時をかける少女、
じゃりんこちえ、火垂るの墓、未来少年コナンなど
名作の原画がたくさんでした。
もののけ姫のこだまの森の原画は本当に素晴らしかったです。

*瀬戸内国際芸術祭2013
http://setouchi-artfest.jp/

*ベネッセアートサイト直島
http://www.benesse-artsite.jp/

*素顔の直島 直島観光協会
http://www.naoshima.net/index.html

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。

はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。

■ メール予約・無料メール相談
治療のメール予約・無料のメール相談はこちらからどうぞ!
クリックするとメールフォームがひらきます。
メール予約・メール相談

はじめての場合は問診に時間がかかりますので、
お早めのご予約をおすすめします。

■ 休鍼のお知らせ
9月23日(月)秋分の日
近畿高校研修会の救護のため休鍼

■ 更新情報
患者様の声の掲載をはじめました。
蓬庵(よもぎあん)患者様の声

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話かメールにてご確認下さい。
※逆流性食道炎、ストレス、イライラ、味覚障害、便秘、下痢、食欲不振、痔などお気軽にご相談ください。五条市、かつらぎ町、九度山町、紀の川市、岩出市、高野町、河内長野市、堺市、和歌山市からも患者さんがこられています♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1358位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
70位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数