ドナー(提供者)の語源は仏教用語のダーナ(布施)!?

こんにちは(^^)
伝統医学専門の隠れ家鍼灸院、蓬庵(よもぎあん)
東洋医学アドバイザーのワダです。

先日、知ったことなのですが、
臓器提供のときに使われるドナー(donor)は、
提供者やものをあたえるという意味だそうです。

フランス語でドネ(donner)
イタリア語でドナーレ(donare)
ラテン語でドナー(donare)
どれも同様の語源になるそうです。

実はこの言葉の語源はサンスクリット語(梵語)のダーナ(daana)だそうです。
ダーナ(dâna)の意味は「布施(ふせ」だそうです。
実はドナーの語源は仏教用語だったんですね。

現代では一般的に布施というと、
お寺や僧侶におさめてもらうお金のこととなっていますが、
本来の意味は違います。

本来はお寺や僧侶にかかわらず、
人にものをあたえたり施しをすることです。
決してものをあたえることだけが布施ではありません。

財施‥金銭や衣服食料などの財を施すこと。
法施‥仏の教えを説くこと。
無畏施‥災難などに遭っている者を慰めてその恐怖心を除くこと。

和顔施(わがんせ)‥笑顔で人に接して、まわりの方を幸福にすること。
言辞施(げんじせ)‥「和顔愛語」の愛語に相当。言葉で相手を傷つけないように気をつけること。

笑顔で毎日を過ごし、相手のことを思った言葉、
これもまた布施になるんですね。

私も笑顔と心のこもった言葉を実戦したいと思います。

仏教の話の中に、飢えて苦しむ親子のトラをあわれに思い、
助けるために自分の身(命)をささげるとい話があります。
現代では倫理的に問題がありますがこれも布施です。

臓器移植もさまざまな問題がありますが、
臓器移植も一種の「布施」なのかもしれませんね。

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。

■ メール予約・無料メール相談
治療のメール予約・無料のメール相談はこちらからどうぞ!
クリックするとメールフォームがひらきます。
メール予約・メール相談

はじめての場合は問診に時間がかかりますので、
お早めのご予約をおすすめします。

■ 休鍼のお知らせ
9月23日(月)秋分の日
近畿高校研修会の救護のため休鍼

■ 更新情報
患者様の声の掲載をはじめました。
蓬庵(よもぎあん)患者様の声

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話かメールにてご確認下さい。
※不妊症、逆子、不眠、生理痛、発達障害、アトピー、肩こり、腰痛などお気軽にご相談ください。五条市、かつらぎ町、九度山町、紀の川市、岩出市、高野町、河内長野市、堺市、和歌山市からも患者さんがこられています♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1844位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
102位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数