ストレスって!?|健康ワンポイント|よもぎあんの徒然(^^)

こんにちは(^^)
伝統医学専門の隠れ家鍼灸院、蓬庵(よもぎあん)
東洋医学アドバイザーのワダです。

各地で台風の被害がでていますね。
伊都橋本地域でも場所によっては土砂崩れ、
浸水の被害がでていると聞いています。
道が規制されて孤立しているところもあります。
みなさまのお宅や地域は大丈夫ですか?

蓬庵はとくに被害はありませんでしたが、
かりている駐車場は屋根の保護材か何かがはずれてゴミが散乱、
ちょうど掃除をされているところに出勤したので、
すかさずほうきをとりにいき一緒に片づけました。

そして今日は月曜日でしたので、
FMはしもと水野夏希さんのラジオdeブランチ月曜日、
健康ワンポイントのコーナーの日でした。

今日はうっかり聞きそびれてしまったのですが、
白露(はくろ)とストレスについての記事をお願いしました。

今回は一般的なストレスの見解についてでした。
次回はブログとコラボする形で、
ツボの話などもしようかと思っています。

白露についてはすでにブログに書きましたので、
ストレスについてのみ掲載したいと思います。

今日はストレスについてお話をしたいと思います。
日常でもよくストレスという言葉を使いますが、
そもそもストレスという言葉の意味は精神的な苦痛を感じることだけではありません。

ストレスとは外部からの刺激をうけることで、
たとえば空気の入ったボールを押すとボールはへこみますよね。
この状態はボールがストレスを受けている状態といえます。
またそのストレスの原因をストレッサーといいます。
ボールのたとえでは、ボールを押すという行為がストレッサーです。

へこんだボールは時間がたてばもとにもどります。
私たちも何らかのストレスを受けて体調を崩しても、
たいていの場合は健康な状態に回復します。
これは、ホメオスタシスという、
体を正常な状態に戻ろうとする体の働きがおこるためです。

しかしボールを押す力が強すぎたり長すぎたりすると、
ボールは元に戻らなくなってしまう場合があります。
私たちの体も同じように、ストレスが強すぎたり、
長くさらされていると体調を崩してしまいます。

重労働をしていて筋肉に負荷がかかりすぎると筋肉痛や肩こりになりますいし。
イライラや不安などの精神的な苦痛も過剰となると
ホメオスタシスの機能が低下してしまい、
自律神経やホルモンのバランスが悪くなり
腹痛や頭痛などさまざまな症状を引き起こします。

では、ストレスがまったくない方がよいのでしょうか?

またボールでのたとえばなしをしたいと思います。
空気が少ないボール、空気が適度なボール、
空気が多すぎるボールを想像してください。
空気が少ないというのはボールにストレスがかかっていない状態ですが、
スポーツをするにはボールがはずまなくて使いものになりません。
適度に空気が入っていると適度にボールがはずむので
快適にスポーツを楽しむことができます。
最後に空気が多すぎるときは、
ボールにすごくストレスがかかっている状態です。
ボールがはじけて爆発してしまうかもしれませんし、
はじけなくてもボールがはずみすぎて快適にスポーツを楽しむことができません。

これは体でも同じことです。
ストレスが少なすぎると体はだれてしまいやる気がでません。
逆にストレスが多すぎると体調が悪くなってしまいます。
ですので、適度なストレスや緊張感は必用なんです

また、「疲労」や「腹痛」といったストレスによる症状も、
体を守るための反応でもあります。
「体に負荷がかかり体調を崩してきていますよ。
少し休憩して下さいね。」というサインでもあります。

ストレスの有名な研究者に、ハンス・セリエ博士がいます。
博士は「ストレスは人生のスパイス」と言いました。
ストレスというスパイスがあるからこそ、
健康や生活習慣ついて見直すことができるのかもしれませんね。

生きている限りストレスとは縁をきることができません。
だからこそストレスを募らせてホメオスタシスを崩さないように、
考え方や生活習慣を見直していくのが大事です。

それを手助けしてくれることのひとつが、
食養生やツボ療法といった東洋医学の知恵になってきます。
次回は東洋医学的なストレスの話や、
ツボによるストレス対策についてお話ししたいと思います。


今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。

■ メール予約・無料メール相談
治療のメール予約・無料のメール相談はこちらからどうぞ!
クリックするとメールフォームがひらきます。
メール予約・メール相談

はじめての場合は問診に時間がかかりますので、
お早めのご予約をおすすめします。

■ 休鍼のお知らせ
9月23日(月)秋分の日
近畿高校研修会の救護のため休鍼

■ 更新情報
患者様の声の掲載をはじめました。
蓬庵(よもぎあん)患者様の声

● 鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)ホームページ   
   蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
● 施術日 月曜日、水曜日、木曜日(祝日を除く) 
● 受付時間 AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
● 649-7206 和歌山県橋本市高野口町向島84-13
● 庵主 和田智義

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話かメールにてご確認下さい。
※痛みのこと、病気や症状のこと、お子さまのこと、体質のこと、東洋医学のこと、鍼灸のこと、なんでもお気軽にご相談ください。五条市、かつらぎ町、九度山町、紀の川市、岩出市、高野町、河内長野市、堺市、和歌山市からも患者さんがこられています♪

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1915位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
100位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数