『あした死ぬかもよ?』|よもぎあん庵主のレビュー(^^)

こんにちは(^^)
伝統医学専門の隠れ家鍼灸院、蓬庵(よもぎあん)
東洋医学アドバイザーのワダです。

今日は読んだ本、『あした死ぬかもよ?』です。

あした死ぬかもよ?あした死ぬかもよ?
(2012/12/26)
ひすいこたろう

商品詳細を見る


読みやすくさらさらと読み終えることができます。
タイトルにある通り、
私たちはいつ死ぬかわかりません。
もしかしたら数年後かもしれませんし、
明日かもしれません。

死は生まれたときに誰もが平等にもっています。
本では段階をおって死を身近に意識をしていきながら、
いつくるかわからないその日までを、
どのように過ごしていくのかといことを考えさせられます。

限られた人生を精一杯いきよう。
尊い今日という日を大事にしよう。
そんな気持ちにさせられます。

この本ではさらっと終わってしまいますが、
デスワークという気づきのワークがあります。
非常に細かく死に方や死ぬ日を設定し、
シュミレーションをしていきます。

〇ヵ月後に〇〇で自分は亡くなる。
あと1ヶ月、1週間、3日、1日、1時間、1分。
そのときの感情などを体験していきます。

あと〇〇をしておけばよかった。
〇〇にあのことを謝っておけばよかった。
〇〇を食べたい。
〇〇のことが心残り。
いろいろな感情がでてきます。

そして死にます。

自分の周りの人たちはどんな反応をするのか、
その後の家族たちはどうなるのか、
シュミレーションですが体験することで、
今、自分が置かれている状況、
何をしたくて何をしないといけないのか、
そういったことが整理されていきます。
何気なく生きている毎日が、
いかに貴重なものなのかを気づかされます。

別に私はそのワークを受けたわけではないですが、
昨年頃から心がけていることがあります。
それはでかけるときに「行ってきます。」という。
治療院では患者様を笑顔で見送る。
ただそれだけです。

家族と朝にわかれて、
それが永遠の別れとなるかもしれません。
最後の朝が無言で終わってしまったら寂しいですよね。
言葉にはだしませんが「行ってきます。」の中に、
「いつもありがとう。」も含んでいるかもしれません。

イライラしながらの別れが最後だと、
お互いに辛いですよね。

治療院でもいつ患者様と永遠のわかれとなるかわかりません。
80歳も半ばになる患者様を診ていると、
元気だったあの日の治療が最後なんてこともあります。
逆に私が先に死ぬかもしれません。
どうせなら最後の別れとなるときは、
笑顔でお別れをしておきたいと私は思っています。

ですから椅子から座って挨拶をするのではなく、
なるべく立って丁寧にお見送りします。

あえて書くことではないのですが、
せっかくよい本を患者様から紹介してもらったの、
ちょっと私が心がけていることを書いてみました。

具合が悪くて治療にきているので、
なかなか笑顔にはなれないかもしれませんが、
笑顔で挨拶をするということを、
よかったら実践してみてください。

またその本の中にでてきた坂本龍馬のお話、
坂本龍馬は28歳で脱藩して、
33歳には暗殺されているんです。

私もあとちょっとすると
33歳になってしまいます。
日本をかえるのは難しいですが、
自分の人生をより充実したものに
していきたいと思いました。

でも、さらに知らべてみると、
坂本龍馬の年齢は数え年なんです。
つまり26歳で脱藩して、
31歳で亡くなっているんです。

ただ、当時の平均寿命から考えると、
31歳が早死にとは言い切れませんが。

私も後悔のないように、
もっと頑張らないといけませんね。

あと病気などで数ヶ月で死ぬとわかっても、
いつもと変わらぬように生活をしていこうと、
私は以前から決めています。
蓬庵も治療に支障がでるまでは、
治療を続けていこうと思っています。

アンパンマンのやなせたかし先生は、
亡くなる直前まで原稿を書いていました。
「生涯現役」
プロとしてあこがれる生き方です(^^)

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。


お知らせ
■ メール予約 ・ メール相談(24時間受付中)
治療のメール予約・無料のメール相談はこちらからどうぞ!
クリックするとメールフォームがひらきます。
メール予約・メール相談
はじめての場合は問診に時間がかかりますので、お早めのご予約をおすすめします。
■ 休鍼情報
現在、休鍼の予定はありません。
■ 更新情報
患者様の声の掲載をはじめました。
蓬庵(よもぎあん)患者様の声

治療所情報
鍼灸治療所蓬庵(よもぎあん)ホームページ
【施術日】:月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】:AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
【住所】:和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】:JR和歌山線 高野口駅(徒歩8~10分)
【庵主】:和田智義
蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
TEL:090-5964-9481

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話かメールにてご確認下さい。
※痛みのこと、病気や症状のこと、お子さまのこと、体質のこと、東洋医学のこと、鍼灸のこと、なんでもお気軽にご相談ください。五条市、かつらぎ町、九度山町、紀の川市、岩出市、高野町、河内長野市、堺市、和歌山市からも患者さんがこられています♪、鍼灸治療所蓬庵、東洋医学アドバイザーの和田でした。

スポンサーサイト

tag : レビュー あした死ぬかもよ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
89位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数