FMはしもと「健康ワンポイント」|平成26年6月9日放送|芒種、東洋医学の問診・二便・小便(^^)

こんにちは(^^)
伝統医学専門の隠れ家鍼灸院、蓬庵(よもぎあん)
東洋医学アドバイザーのワダです。

6月9日のFMはしもと「ラジオdeブランチ月曜日」
での健康ワンポイントのコーナーでお話した原稿です。

関西も梅雨に入り、うっとうしい天気の日が続いていますね。
お身体の調子を崩されてはいませんか?
お腹の弱い方や、体力がない方は、
早くも夏バテのような症状があらわれています。

先日の、6月6日は二十四節気の1つである芒種(ぼうしゅ)をむかえました。
二十四節気とは太陽の運行を基準にして1年を24等分し、
約15日ごとに分けた季節のことで中国の華北地域の気候が元になっています。

芒種(ぼうしゅ)とは、稲や麦など穂のでる植物の種をまくころのことです。
稲の穂先にあるとんがった部分を、芒(のぎ)といいます。
橋本市でも、田植えをする様子を見ることが多くなりましたよね。

今回はさらに、オシッコについてお話をしていきます。

オシッコも体の中の状態を知るための大きなヒントとなります。
便と同じように、オシッコの回数、量、色、残尿感、排尿痛などを聞いていきます。

飲んだ水分は、汗や呼吸としても排出されるので、
飲んだ量よりも少なくはなりますが、
飲んだ量に相応した量が排出される必要があります。
水分を飲んでいるのにオシッコが少ない人は、
体に熱がこもっていたり、むくみやすい体質が考えられます。

それでは詳しくお話していきます。

オシッコの量が多い人には、大きく2つが考えられます。

1つ目は、体に熱がこもっている人です。
のどがかわいてたくさん水分を飲み、
排尿後に泡が消えにくい人です。
西洋医学では糖尿病の疑いが考えられます。

2つ目は、体が冷えている人です。
尿の色は透明で量が多く、寒い日や朝方により顕著になります。

オシッコの量が少ない人には、大きく2つが考えられます。

1つ目は、体に熱がこもっている人です。
尿の色が濃い黄色や茶色で量が少なく、
体の熱さや発熱など、熱に関する症状が一緒に伴います。

2つ目は、疲労などで水の代謝が悪い人です。
尿の色は透明で量が少なく、手足などのむくみやだるさを伴います。

オシッコの回数が多い人には、大きく3つが考えられます。

1つ目は、体に熱がこもっている人です。
尿の回数が多く、オシッコの色が濃く、量が少ないのが特徴です。

2つ目は、体が冷えている人です。
尿の回数が多く、オシッコの色が透明で、量も比較的に多いのが特徴です。

3つ目は、感染症や結石の人です。
尿の回数が多いのですが量は少なく、排尿のときに痛みをともない、
オシッコの色が濁ったり、血がまじることがあります。

また、東洋医学ではオシッコは、
体を円滑に動かす電池のような役割をしている、
腎臓の機能が深くかかわっていると考えられています。
そのため、過度な疲労や寝不足、
老化により腎臓の機能に弱りや負担がしょうじると、
様々なトラブルがおこりやすくなります。

排尿時に力がはいらず、オシッコの勢いがなくなる、
オシッコをしたいのにでない、キレがわるくなりとまりにくい、
夜中に何回もトイレにいく、恐怖を感じたり、
驚いたりしたときに尿もれをする、おねしょ、などがおこってきます。

主に高齢になるにつれておこりやすい症状ですが、
子どもも体が未発達なため、疲労によりおねしょの回数が多くなったり、
緊張によりオシッコをもらしたりすことがあります。

少し複雑な話になりましたが、熱がこもれば量が少なく、
オシッコの色が濃くなる。冷えていれば量が多く、
オシッコの色が透明になる。電池である腎臓の機能が深くかかわっているので、
疲労や老化によりオシッコのトラブルがおこりやすくなる。
とだけ覚えてもらっておけばよいと思います。


FMはしもと ラジオdeブランチ 健康ワンポイント 蓬庵

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。


お知らせ
■ メール予約 ・ メール相談(24時間受付中)
治療のメール予約・無料のメール相談はこちらからどうぞ!
クリックするとメールフォームがひらきます。
メール予約・メール相談
はじめての場合は問診に時間がかかりますので、お早めのご予約をおすすめします。
■ 休鍼情報
現在、休鍼の予定はありません。
■ 更新情報
患者様の声の掲載をはじめました。
蓬庵(よもぎあん)患者様の声

治療所情報
鍼灸治療所蓬庵(よもぎあん)ホームページ
【施術日】:月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】:AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
【住所】:和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】:JR和歌山線 高野口駅(徒歩8~10分)
【庵主】:和田智義
蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
TEL:090-5964-9481

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話かメールにてご確認下さい。
※痛みのこと、病気や症状のこと、お子さまのこと、体質のこと、東洋医学のこと、鍼灸のこと、なんでもお気軽にご相談ください。五条市、かつらぎ町、九度山町、紀の川市、岩出市、高野町、河内長野市、堺市、和歌山市からも患者さんがこられています♪、鍼灸治療所蓬庵、東洋医学アドバイザーの和田でした。

スポンサーサイト

tag : 健康ワンポイント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
89位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数