大事なお知らせ。|最近の悩み事(^^;)

こんにちは(^^)
鍼灸治療専門の鍼灸院、蓬庵(よもぎあん)
東洋医学アドバイザーのワダです。

FBにて公開した記事です。
開業当初より治療費を改定せずにやってきましたが、
消費税の増税、鍼やもぐさの値段の高騰にともない、
本年の8月に治療費の改定を考えています。

日曜は勉強会が終わってから、
なごみ事務局長の先生と次回の計画などを相談しました。

個人的なことに関しても指摘を頂きました。
私の体を治療したときに、皮膚の状態がゆるゆるで力がない遊離
(大師流(八尾)の谷岡先生が治療で体表の状態を説明するのに使う用語です。)
した状態で心身の疲労や不摂生が考えられます。
また、「余裕のなさが感じられる。」と指摘を受けました。

意外と自分のことは見えていないので、
こういう仲間がいるのはありがたいことです。

大阪から参加してくれた大学のときのクラスメートだった女性の先生も、
私の脈を診るなり「脾虚」と一言、脾虚は体の消化吸収など、
食べたものから「気」や「血」をつくりだすのに大きく関係します。

たしかに不摂生や脾虚の症状に心当たりがあります。
気をつけないといけませんね。養生養生(^^;)

事務局長の先生からは、
今のような治療院のスタイルでやっていくには
問題があるという指摘をうけました。
それには気づいています。

とりあえず一定の期間は利益などは度外視で、
自分のレベルアップに集中しようと決めてきました。
週の半分は大阪の師匠のところに行っています。

早く和歌山で治療日を増やして欲しいという患者様には、
「まだまだ和歌山だけでやっていけなくて。」といってきましたが、
これは収入でなくて治療技術に関してです。

今でも大阪の治療院はあくまでも自分の勉強です。
できが悪いので修行が長いだけですが(^^;

交通費やお弁当代は頂いていますが、
お給料というほどのものは頂いていません。
よく後輩や同期の先生からは、
「何をしているんですか先輩、和歌山をもっとやった方がいいですよ。」
なんて言われることもあります。

蓬庵で十分にやっていけているのに、
どうしてまだ大阪に行くのかといわれます。

でも、今でも芸事や伝統的なものは
何十年も師匠について修行しますよね。
まだ自分が基準としている師匠の技術にはおよびません。
そういう意味ではまだまだです。

それでも、経営が順調なベテランの先生には、
「それは治療家のエゴですよ。」
と耳のいたいお話もよくききます。

「治療者であり経営者として、
もう少し広い視野をもたないと
治療院はやっていけないよ。」
ともアドバイスをもらったこともあります。

治療院をやっていくのは難しいです。
ただ、患者様のためによい治療を
提供できるようになりたいだけなのですけどね(^-^)

それでも、そろそろ次のステップに
進んでいかないといけないと思っています。
これが最近の悩んでいることです。

蓬庵も夏には丸四年になります。
四年前と比べると、
ようやく自分の納得のいく治療ができるようになってきました。

治療の成果がよくなり、
治療の期間も短くなっています。ここで一度、
よりよい治療院にしていくために
治療費の改訂をさせて頂きたいと思っています。

1年ほど前にも治療費の改定を検討しましたが、
小学生と中学生の治療費を少し改定しただけにとどまりました。

患者様からは、
「蓬庵では先生が院長なのだから、
師匠とくらべることなくちゃんと治療費をとればいいと思いますよ。」
と複数の方から言っていただきました。

具体的なことはおって書いていきますが、
8月をめどに治療費をを改定したいと思っています。

医療に携わるものとして、私だけでないと思いますが、
治療費を上げることには罪悪感のようなものがあります。
高くなることでこられない人もいるのではないか?
そんなことも考えてしまいます。

それでも、質をさげることなく良い治療を提供したいと思っています。
開業当初からくらべると材料費もかなり高くなっています。
そのため値上げは仕方のない部分もあるのが事実です。

今はベッド1台でお1人お1人治療しています。
複数のベッドをいれることも検討しましたが、
大半の患者様が今の治療スタイルを維持することを望まれていました。
これを維持していくためには、
治療費の値上げという形も必要という決断になりました。

治療で大儲けをしようという思いはないですが、
鍼灸を生業としている以上は、
自分の治療スタイルで家族を養っていけるだけの収入を
得られるようにならないといけないと思っています。

治療費の改定にともない患者様の負担が大きくなりますが、
ご理解をいただけると幸いです。

また詳細はおって書いていきたいと思います。

ちなみに写真は、なごみ事務局長の先生と
日曜日に入った居酒屋さんです。
手前にある、ブリのレモンペッパー焼き、
あんかけ卵の値段はなんとどちらも100円(税抜)です!
このコストパフォーマンスはすごいですね(^^)

ビールを一杯飲んで、2時間話して、
お腹もいっぱいで一人1300円でした♪

11099551_1089261341100250_2900483836849955948_n.jpg

最新の情報は、Facebookに投稿しております。
季節のうつろいや臨時鍼療の情報を投稿しています。
ブログの更新がなくてもこちらに投稿している場合があるので、
ブログとともにFacebookもチェックしてみてください。

蓬庵フェイスブックページ
https://www.facebook.com/yomogian
もしよければ「いいね!」をお願いします(^^)
またブログにも小さく左側に表示されています

今日もブログを読んで頂きありがとうございます。
はじめての方は、ぜひ蓬庵のホームページもご覧になって下さいね。


お知らせ
■ メール予約 ・ メール相談(24時間受付中)
治療のメール予約・無料のメール相談はこちらからどうぞ!
クリックするとメールフォームがひらきます。
メール予約・メール相談
はじめての場合は問診に時間がかかりますので、お早めのご予約をおすすめします。
■ 休鍼情報
現在、休鍼の予定はありません。
■ 更新情報
患者様の声の掲載をはじめました。
蓬庵(よもぎあん)患者様の声

治療所情報
鍼灸治療所蓬庵(よもぎあん)ホームページ
【施術日】:月曜日、水曜日、木曜日
【受付時間】:AM9:00~PM7:00(施術はPM9:00までしております。)
【住所】:和歌山県橋本市高野口町向島84-13
【最寄駅】:JR和歌山線 高野口駅(徒歩8~10分)
【庵主】:和田智義
蓬庵 ・ 鍼灸 ・ 小児はり ・ 施術案内 ・ アクセス ・ メール予約
TEL:090-5964-9481

※施術日、受付時間は変更のある場合がございます。お気軽にお電話かメールにてご確認下さい。
※痛みのこと、病気や症状のこと、お子さまのこと、体質のこと、東洋医学のこと、鍼灸のこと、なんでもお気軽にご相談ください。五条市、かつらぎ町、九度山町、紀の川市、岩出市、高野町、河内長野市、堺市、和歌山市からも患者さんがこられています♪、鍼灸治療所蓬庵、東洋医学アドバイザーの和田でした。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍼灸治療所 蓬庵

蓬庵(よもぎあん)

Author:蓬庵(よもぎあん)
鍼灸治療所 蓬庵(よもぎあん)のブログです。開業までの道のり、東洋医学、はり・きゅう、養生、健康をテーマに書いています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1568位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
セラピー
89位
アクセスランキングを見る>>
よもぎあん動画
■蓬庵(よもぎあん)の紹介動画



■小児はりの紹介動画



蓬庵フェイスブックページ
1日に1~3回のペースで、蓬庵の最新の情報や庵主の徒然を投稿しています。ここでしか書かない日々の庵主の話もあるので、ぜひ「いいね!」をお願いします。
yomogian2011 Twitter
蓬庵のツイッターアカウントになります。今はブログの更新情報のみを投稿しています。最新の投稿情報を知りたい方はフォローをお願いします。
TweetsWind
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

来庵者数